トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

初めまして。オンラインカジノの魅力にはまり、十年以上も遊び続けている管理人でございます。

まず、いきなりですがオンラインカジノ攻略法を解説します。よーく学んで未知の世界で異次元のギャンブル生活を味わって下さい。

オンラインカジノとは何でしょうか?
カジノって皆さんご存知かと思うのですが、ブラックジャックやルーレットなどカードゲーム、テーブルゲーム色々あると思います。日本ではやってまいけませんよ!という法律になっているのですが、インターネットの世界ではこれがオッケーになってしまうんです。違法性などについては現在も過去もグレーゾーンと言われており、日本におけるプレイヤー数は数万人とも言われています。つまり自宅かラスベガスに旅行に行き、カジノを24時間プレイすることができるそれがオンラインカジノhttp://www.casinodechokin.com/です。別名、ネットカジノ、インターネットカジノなんても呼ばれています。

誰がオンラインカジノを運営しているのか?
ずばり一流の企業です。いわゆる株公開もしており、上場を果たしている会社が親会社となっているケースがほとんどでその運営元を選んでおけばまず心配することはありません。有名なところだと航空会社なども経営していたような気がします。

本当のお金をかけられるのか?
かけられます。もちろん、現金を誰かに渡してというようなことは法律で禁止されているのでちまたにあるインタネットカジノカフェなんかに行ってはいけません。ネッテラーとよばれる決済会社オンラインカジ運営会社が提携している決済会社とインターネットバンクさえあれば24時間入出金もできます。

有名なオンラインカジノは?
インペリアルカジノやジパングカジノ。これ以外もありますが、やはり長年の経営がものをいう世界です。しっかり選んでじっくりプレイして稼ぎまくりましょう。何よりも攻略法のひとつになるのはプロモーションの回数や内容によります。オンラインカジノはランドカジノと比べて勝ちやすいと言われている理由のひとつにボーナスを毎月や毎週、毎日もらうことが可能となっており、特定のゲームに限られることがありますがインターネットギャンブルならではの特典となります。

オンラインカジノの歴史を知ることで攻略の権利を得る
1990年代に当初はおそらく10数サイトがオンラインカジノの発祥とされていましたが、その後瞬くまに世界で2000サイトくらいが世界のギャンブラーの前に登場しております。のちに日本にもビデオポーカークラシックなどが上陸し日本語対応のカジノとして人気を得ると当時世界最大のカジノオンネットが日本においてNHKにも紹介され一気に認知度を上げたと言われています。さにこのあとオンラインカジノ運営会社が日本市場にじゃんじゃん進出します。グランドバーチャル系のインペリアルカジノやインターカジノなど日本語サポートも対応した画期的なシステムで日本のプレイヤーの満足をあげました。サポートが日本語である。サポートとコミュニケーションを取ることで理解が深まり、プレイヤーとしての自覚が生まれ冷静な判断がオンラインカジノプレイ中にも可能となる。これが最大の攻略法なのかもしれません。歴史が勝ち取った日本語サポート。うまく活用し、勝利の道しるべを作ってみるのも大事です。

ブログ

オンラインカジノは統計額が必要です

オンラインカジノを攻略するというのがこのサイトのテーマなのですが、ギャンブル全般にも言える統計学について今日は語りたいと思います。まずオンラインカジノ以前に統計学について少し説明しますと私は学者ではありませんのでわかりやすく表現します。統計学というものの内、確率論というものがあります。例えば1つの事象がオンラインカジノで例えるとプレイテックのゴールドラリーというオンラインスロットがありますがこちらのスロットでジャックポットを充てる確率が1万分の1だとします。ジャックポットで獲得できるオンラインカジノの賞金が3,000ドルだとします。そうすると単純に一回の試行回数が0.3ドルの投資で1万回、ゲームを繰り返せば3,000ドルをゲットでき、チャラということになります。これが実はオンラインカジノの攻略でもある統計学の基本の考えになります。

もしあなたが1ドルでも多くオンラインカジノにおける収支をプラスにしたければこの考え方を守ってください。ジャックポットが当たる確率がわからないとあきらめてもいけません。しつこさが必要になってきます。オンラインカジノの日本語サポートに粘り強く連絡をし、あるオンラインスロットのゲームについて問い合わせてみてください。答えてくれることもあります。電話でなくメールでオンラインカジノ、例えばウィリアムヒルカジノなどに1日の試行回数どれくらいカジノのプレイヤーがどのゲームでどれくらい行ったか?を聞いてみるのです。それから、プレイテックの全体の情報として例えば7日以内にジャックポットが爆発したかを確認するのです。調査すれば何かカジノで勝てるヒントを掴めるでしょう。そんなことはできないという方もいますが、実際にルーレット好きでオンラインカジノ日記を公開している方で2004年から日本の代表オンラインカジノである http://www.casinodechokin.com/ ではカジノに関してこの統計学を取り入れ、安定的な生活をしています。ここから攻略の真髄を語ります。間違っても、1万回行うまではベットする金額や手法を変えないでください。これは基本中の基本でクラップスと複雑なカジノゲームであってもそれは変えてはいけません。世の流れも一緒で自分の想定通りにはいかないことがあります。問題なのは決めたことを守らずに急に0.3ドルを0.6ドルに金額を変えた瞬間に例えトレジャーナイルやジャックスオアベターなどプログレッシブジャックポットでも華麗なる逆転劇が見られなくなってしまいます。つまり、統計学は先ほども語ったように確実に1万回で当たるとも限りません。前提です。初心者の方やギャンブル依存症の方はとにかく一攫千金による夢、ドリームを追いかける傾向があるため、資金が貧困に陥るのです。昔、私も韓国の某有名なカジノにてわけもわからずルーレットをやっている時のことモンテカルロ法というものを頭で理解し、途中で怖くなって逆に撤退してしまったことがありました。しかし、結局は負けは負け。統計学に基づけば必ず粗利が上がったのにと思ってしまいます。

パチンコ屋で自分の台をあきらめた途端に他人が爆発させてしまったのはそういうことだったのか?と思うのも実は間違いです。あくまで確率論は固有の事象で全体ではありません。あなた本人の確率は他のギャンブラーには通用しないものと考えてください。その翌日あなた自身が爆発する可能性の方が大きいので今日は仕事を良くやったと負けても気持ち良く変えることが肝心です。カジノでもこれは言えます。ブラックジャックのカードの引きが悪すぎる時、ありますがそういうときでも1回の戦略は絶対に変えてはいけないのです。カジノの基本、それは決められた勝利をひたすら歩むのみです。

2013年11月28日

カジノではなくパチンコをやってみたけど注意すること

今日久々にパチンコをやってみました。パチンコっていうと日本を代表するギャンブルですが、海外ではそんなのありません。よくアメリカのロサンゼルスにいる友人からラスベガスへのお誘いがあってカジノをやるのですが、勝てる金額に限界があり、少し迫力に欠ける気がします。学生時代ならまだしもパチンコを12時間やり続けて連ちゃんしてドル箱をためてもなんだか腑に落ちません。今はオンラインカジノでもあるようにキャラクターや芸能人とタイアップしたものが多くリーチがかかると演出がすごい確変の7がそろえば嬉しい気持ちになりますが時間効率が悪い。最近は換金率がよいお店が多く、確かに日本円で気軽にれきるのでつい暇な時に通ってしまうサラリーマンも多いのでしょう。しかしながらギャンブルで投資をしえ確実に勝てるなら試行回数をとにかく増やすこととと還元率、パチンコで言うとよく回る台、それはつまり釘の設定が良い台を選ぶことなのですが、それに尽きるといえるでしょう。麻雀で友達同士でやって一晩で5・6万勝つのもなんだかコミュニケーションが取れて良い気もします。最近ではオンラインパチンコがあることも皆さんは忘れないでください。パチンコにせよカジノにせよ注意する点としては優位に立てる環境を自ら作り出すことです。ランドカジノではディーラーを選ぶこともテクニックですし、あとは真剣に試行回数を増やすだけそれだけがギャンブルで注意することでしょう。

従って、サラリーマンの方は特に不利です。時間が一日に1時間くらいしかパチンコで遊べないのならやめるべきでしょう。だいたいパチンコ屋には負ける設定になっている台が8割あるといわれています。2割のお宝台は見抜くことも非常に大変でかつ朝市にホールに行かなくてはいけません。そして、仮に負ける台が一日2万円負ける設定になっているとすると20日間1知事館やればおおよそ4万円負ける計算になってしまいます。だからサラリーマンはパチンコが不利になるし、儲かるパチンコ屋存在するのです。その点はオンラインカジノに軍パイが上がるでしょう。24時間いつでも遊べることとインターネットでカジノのため、特に同じゲーム毎で設定が違うなどということはありません。どちらかと言えばキャンペーン、プロモーションに参加し、少ない投資でオンラインカジノ会社からもらうことができるボーナス(引き出し可能なもの)をゲットできれば高確率で勝ててしまうといわれています。管理人はオンラインカジノのポータルサイトで研究しながらマーチンゲール法の改良版を独自に作り出していつもコツコツですが収支をプラスにしております。やはり今はインターネットで稼ぐ時代でしょう。

2013年11月23日

カジノで最大人気のブラックジャック攻略法

カジノで人気があるゲーム、ブラックジャックですがその攻略法です。ランドカジノでは最も有名な攻略法です。ベーシックストラテジーを呼ばれており、これに沿ってプレイをすればそこまで大きく負けることはないでしょう。またカウンティングと呼ばれる手法もランドカジノでは勝てるといわれており、オンラインカジノで通用するかはわかりませんが、知って損する内容ではなりません。オンラインカジノですとソフトウェア、例えばマイクロゲーミング、プレイテック、さらにブラックジャックゲームの種類毎にベーシックストラテジーが異なるので自分がプレイしたいベーシックストラテジーを強く望みます。ブラックジャックで勝つ秘訣のひとつに多くの軍資金と多くのプレイ時間を確保することも重要です。1,000ドル以上の勝利を望むのであれば、時にはハイローラーとして数千ドルを投資し、回収する勇気も必要となります。

ここでオンラインカジノの攻略法をご紹介します。その前にビジネスでの成功事例、例えば事業もしくは経営を任されている方ならベンチマーク手法などご存知ですよね。ライバルを徹底的に調べ上げて管理項目を決めて目標値を設定し、あとは管理していくだけ。少しこのようなベンチマーク手法とは異なりますが、オンラインカジノだって、というよりはカジノだって攻略法はあると考えています。

  1. マーチンゲール法
  2. ココモ法
  3. モンテカルロ法

の3つになります。

マーチンゲール法とは賭けた金額でもしも落胆の負けを食らってしまった時にその時に賭けた金額の2倍の金額をbetします。10ドル敗北、20ドル賭けて2倍になった場合、40ドルの勝ちで2回のゲームにおけるトータル収支は10ドルの勝ちとなります。つまり、確実に勝ててしまうのです。ラッキーでもなんでもなく、攻略法であると言えるでしょう。課題は何かというと豊富な資金を持つということと最大ベット額が大きいオンラインゲームを選ぶということです。経験上、10回連続で負けることはあまりありませんが無いとは言い切れません。交通事故ほど以上に確率も高いため、数万ドルの資金があればおそらく安泰であると言えます。続いてモンテカルロですが【1・2・3】の数字の両端の1と3を足して$4をベットします。 敗北した時は4の数字を加算し【1・2・3・4】とし、その両端の1と4を足した$5をベットします。 さらに切腹した時は、5の数字を加えて【1・2・3・4・5】として、その両端の1と5を足した$6を投資します。頂上に登った場合は両端の数字を2つずつ消す。例えば【1・2・3・4・5・6】でホームランした場合「3・4」として$7ベットします。勝った時点で消す数字がなくなった場合、初めのオンラインカジノゲームの投資額にバックして当たり前の事を反復することにになります。ココモ法ですが昭和時代から大人気のゲームであるヨーロピアンルーレットなどで当たる確率が3分の1の確率でなお且つ頂ける配当倍率が3倍以上のものに有効となっております。

このようにブラックジャックそのものの攻略法や必勝法というわけではなく、投資するという事業においても当たり前の経費と収益的なオンラインカジノ攻略法を使ってみてはいかがでしょうか?とても効果はありますよ。

2013年11月13日