カジノではなくパチンコをやってみたけど注意すること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

今日久々にパチンコをやってみました。パチンコっていうと日本を代表するギャンブルですが、海外ではそんなのありません。よくアメリカのロサンゼルスにいる友人からラスベガスへのお誘いがあってカジノをやるのですが、勝てる金額に限界があり、少し迫力に欠ける気がします。学生時代ならまだしもパチンコを12時間やり続けて連ちゃんしてドル箱をためてもなんだか腑に落ちません。今はオンラインカジノでもあるようにキャラクターや芸能人とタイアップしたものが多くリーチがかかると演出がすごい確変の7がそろえば嬉しい気持ちになりますが時間効率が悪い。最近は換金率がよいお店が多く、確かに日本円で気軽にれきるのでつい暇な時に通ってしまうサラリーマンも多いのでしょう。しかしながらギャンブルで投資をしえ確実に勝てるなら試行回数をとにかく増やすこととと還元率、パチンコで言うとよく回る台、それはつまり釘の設定が良い台を選ぶことなのですが、それに尽きるといえるでしょう。麻雀で友達同士でやって一晩で5・6万勝つのもなんだかコミュニケーションが取れて良い気もします。最近ではオンラインパチンコがあることも皆さんは忘れないでください。パチンコにせよカジノにせよ注意する点としては優位に立てる環境を自ら作り出すことです。ランドカジノではディーラーを選ぶこともテクニックですし、あとは真剣に試行回数を増やすだけそれだけがギャンブルで注意することでしょう。

従って、サラリーマンの方は特に不利です。時間が一日に1時間くらいしかパチンコで遊べないのならやめるべきでしょう。だいたいパチンコ屋には負ける設定になっている台が8割あるといわれています。2割のお宝台は見抜くことも非常に大変でかつ朝市にホールに行かなくてはいけません。そして、仮に負ける台が一日2万円負ける設定になっているとすると20日間1知事館やればおおよそ4万円負ける計算になってしまいます。だからサラリーマンはパチンコが不利になるし、儲かるパチンコ屋存在するのです。その点はオンラインカジノに軍パイが上がるでしょう。24時間いつでも遊べることとインターネットでカジノのため、特に同じゲーム毎で設定が違うなどということはありません。どちらかと言えばキャンペーン、プロモーションに参加し、少ない投資でオンラインカジノ会社からもらうことができるボーナス(引き出し可能なもの)をゲットできれば高確率で勝ててしまうといわれています。管理人はオンラインカジノのポータルサイトで研究しながらマーチンゲール法の改良版を独自に作り出していつもコツコツですが収支をプラスにしております。やはり今はインターネットで稼ぐ時代でしょう。