オンラインカジノは統計額が必要です

オンラインカジノを攻略するというのがこのサイトのテーマなのですが、ギャンブル全般にも言える統計学について今日は語りたいと思います。まずオンラインカジノ以前に統計学について少し説明しますと私は学者ではありませんのでわかりやすく表現します。統計学というものの内、確率論というものがあります。例えば1つの事象がオンラインカジノで例えるとプレイテックのゴールドラリーというオンラインスロットがありますがこちらのスロットでジャックポットを充てる確率が1万分の1だとします。ジャックポットで獲得できるオンラインカジノの賞金が3,000ドルだとします。そうすると単純に一回の試行回数が0.3ドルの投資で1万回、ゲームを繰り返せば3,000ドルをゲットでき、チャラということになります。これが実はオンラインカジノの攻略でもある統計学の基本の考えになります。

もしあなたが1ドルでも多くオンラインカジノにおける収支をプラスにしたければこの考え方を守ってください。ジャックポットが当たる確率がわからないとあきらめてもいけません。しつこさが必要になってきます。オンラインカジノの日本語サポートに粘り強く連絡をし、あるオンラインスロットのゲームについて問い合わせてみてください。答えてくれることもあります。電話でなくメールでオンラインカジノ、例えばウィリアムヒルカジノなどに1日の試行回数どれくらいカジノのプレイヤーがどのゲームでどれくらい行ったか?を聞いてみるのです。それから、プレイテックの全体の情報として例えば7日以内にジャックポットが爆発したかを確認するのです。調査すれば何かカジノで勝てるヒントを掴めるでしょう。そんなことはできないという方もいますが、実際にルーレット好きでオンラインカジノ日記を公開している方で2004年から日本の代表オンラインカジノである http://www.casinodechokin.com/ ではカジノに関してこの統計学を取り入れ、安定的な生活をしています。ここから攻略の真髄を語ります。間違っても、1万回行うまではベットする金額や手法を変えないでください。これは基本中の基本でクラップスと複雑なカジノゲームであってもそれは変えてはいけません。世の流れも一緒で自分の想定通りにはいかないことがあります。問題なのは決めたことを守らずに急に0.3ドルを0.6ドルに金額を変えた瞬間に例えトレジャーナイルやジャックスオアベターなどプログレッシブジャックポットでも華麗なる逆転劇が見られなくなってしまいます。つまり、統計学は先ほども語ったように確実に1万回で当たるとも限りません。前提です。初心者の方やギャンブル依存症の方はとにかく一攫千金による夢、ドリームを追いかける傾向があるため、資金が貧困に陥るのです。昔、私も韓国の某有名なカジノにてわけもわからずルーレットをやっている時のことモンテカルロ法というものを頭で理解し、途中で怖くなって逆に撤退してしまったことがありました。しかし、結局は負けは負け。統計学に基づけば必ず粗利が上がったのにと思ってしまいます。

パチンコ屋で自分の台をあきらめた途端に他人が爆発させてしまったのはそういうことだったのか?と思うのも実は間違いです。あくまで確率論は固有の事象で全体ではありません。あなた本人の確率は他のギャンブラーには通用しないものと考えてください。その翌日あなた自身が爆発する可能性の方が大きいので今日は仕事を良くやったと負けても気持ち良く変えることが肝心です。カジノでもこれは言えます。ブラックジャックのカードの引きが悪すぎる時、ありますがそういうときでも1回の戦略は絶対に変えてはいけないのです。カジノの基本、それは決められた勝利をひたすら歩むのみです。